top
/ journal




ARCHIVE: June 2012


Title: Geruga

少し前ですがGerugaの展示会に行ってきました。

いつもお世話になっている、かっこいいアニキ達です。



gaikan.jpg

中目黒に到着。お、やってますね〜


denim.jpg

こだわりのデニム達。


vest.jpg

今回もかっこいいです。


epron.jpg

レザー職人がつくるエプロンは説得力がありますね。


riders.jpg

味の出たライダース。


wappen.jpg

これ、らしさが出ていて好きです。


yutaka.jpg

ユタカさん。魅力の固まりのような人です。


maruken.jpg

ケンタロウさん。やんちゃなユタカさんの軌道を修正できる人ですね。


彼らは僕に持っていないモノを持っていて、いつまでたっても憧れの存在です。これからもお二人にしか出来ないコトを発信して下さいね。そして滋賀にはバイクでは行きません。


Fashion

Title: MU.Industries

親友でもあり、仕事仲間でもあるMU.Industries製のブックシェルフ。彼の持つセンスは、ギャグにしても家具にしても一級品です。いつも刺激をくれる最高の仲間ですね。



bookshelf.jpg

かっこいいです。


bookshelf3.jpg

天板のステンがいい感じですね。


bookshelf2.jpg

クライアントの希望でスワスチカを入れました。ナチスがハーケンクロイツとして使用して以来すっかりタブーになってしまった記号ですが、元々はネイティブアメリカンがLOVE、LIFE、LUCK、LIGHTの4つのLを組み合わせて、平和の象徴として使っていたと言われている記号です。と言ってもあれだけのことがあった以上、やっぱりタブーに変わりはないんでしょうね。


Furniture

Title: Good Future

mexican.jpg


絵を人に贈りたいなんて素晴らしいコトですね。今頃渡されているのかな?この絵は壁に飾ると唄いだします。ボエ〜 と。


Works

Title: Where The Wild Things Are

Where-the-Wild-Things-Are-1.jpg


幼少の頃から一番好きだった絵本。ストーリーと絵が見事にマッチしていて、いつ読んでもセンダックの世界に引き込まれます。


MaxWildThings.jpg

マックスの着ぐるみにも憧れました。


book_wherethewildthingsare2.jpg

にょきにょき。この発想。


where-the-wild-things-are-illustrations.jpg

ははー。


where-the-wild-things-are-2.jpg

魅力的なワイルドシングス達。


figure.jpg

昔マクファーレンが再現したフィギュアにはタッチまで入っています。
僕の絵の大半は非現実的な現実をテーマにしているんですが、この作品の影響がかなり大きいですね。R.I.P Maurice Sendak, 1928-2012


ArtBooks

Title: Phigvelers

Phigvelの事務所に遊びに行ってきました。

4、5年前くらいに知り合ってからずっと見てきてますが、つくっているモノがいいのは勿論、やっている人達がピースで大好きなブランドです。今回もかなりやばめですね。


phigvel.jpg

オリジナルブラスプレート。


hiki.jpg

心地いい空間。


boots.jpg

こちらのブーツは本当に素晴らしいです。


jackets.jpg

着やすさも僕の中でトップクラスですね。


shoes.jpg

ボクシングが好きなので、こういう感じにひかれます。


sneaker.jpg

この日履いていたスニーカーもこちらのモノ。


display.jpg

いい感じ。


four-eyes.jpg

four eyed man。


skulls.jpg

手前の栓抜きは昔Prodで売ってましたね。


hidekisan.jpg

ヒデキさんとアユぽん。
これからもいいモノを生み出していって下さいね。
おじゃましました。


Fashion
«Previous
Category
Recent Posts
Archives
© FUSTY WORKS. All Right Reserved.